初心者向け!SNSの基礎を徹底解説

SNSについて一から学べるサイト

危険を理解し正しく利用しよう

知らないと怖い!SNSの危険

SNSを利用する上で、注意しなければならない点がいくつかあります。
良くも悪くも、様々な人に投稿したものが見られていることを忘れてはいけません。

文字だけのメッセージのやりとりでは相手の顔がわからず、素性はいくらでも嘘をついたり隠したりできます。
もしかしたら、誹謗中傷されたり、しつこくメッセージを送られたり、実際に会って事件に巻き込まれるといったことも考えられます。
中には変わった人もいるので、相手を信用し過ぎないことです。
対策としては、SNSに投稿できる人を知り合いのみにする、プロフィールを一部非公開する、危険だと感じたら友達申請をブロックする等、普段から少しでも警戒心を持つようにするべきです。

また、投稿した文章や写真に個人情報が含まれており、簡単に流出してしまうこともあります。
投稿する際は、よく考えて慎重にしてください。

利用する上での心掛け

実際に人と話す場合は、多少言葉足らずでも、表情の変化や声のトーンなどで気持ちは伝わります。
しかしSNSの場合は、言葉の意味を取り違えてしまい、誤解や不快な思いをすることがあります。
顔が見えないのをいいことに、平気でひどい言葉を投げかけてくる人もいます。
文字で感情を伝えることは難しいですが、実際に話す時以上に丁寧に伝える気持ちが大切です。

さらに、大勢の人とSNSでコミュニケーションを取る場合、返事を強要されたり仲間外れにされることもあります。
あまりにも嫌な思いをした時は、一度SNSから離れて良いと思います。
勇気がいることですが、無理をして続ける意味はありません。

SNSでは目の前に相手の姿が見えないからこそ、ルールやマナーを守って、礼儀正しく利用することを心掛けたいものです。